助産師の仕事は経験の積み重ねが大切
eiuhrf

eiuhrf

助産師は経験を積めば積むほど、
どのような状況であっても冷静に対応することが出来る様になります

助産院で未経験者を雇用することもあるのですが、
全くの素人を採用することはありません。

 

医療の現場を熟知している人で、赤ちゃんが生まれるという瞬間に
立ち会うことが未経験であるというだけです。

専門的なことは、一通り病院などで経験しているという人を採用しますので、
注射や尿検査といった一般的な看護師の仕事は出来ますので、問題ありません。

 

初めのうちは、ベテランの助産師のヘルプとして仕事していくことになりますので、
ほぼ看護師の役割を担うことがメインとなります。

残念ながら、流産してしまうということもありますので、
そのような際のショックや妊婦さんの悲しみなど、
初体験となることでは衝撃的な事も多くなります

 

ですが、病院側の人間が動揺してしまっては意味がありませんよね。

マニュアルなどに対処法などが記載されていても、
いざとなったら頭が真っ白になってしまうこともありますよね。

 

人間は失敗して学びます。初めは衝撃的な状況を経験するかもしれません。

ですが、「次からはこうしよう」「こんな声かけをしよう」というように、
お母さんのケアをしていけるように現場で学んでいくことが大切なんですね。

 

 

助産師に求められること
weujtif

weujtif

助産院で働く助産師は、免許がなくてはなることが出来ません。
ある程度経験している人を募集しているところが多くなっています。
ですが、経験だけが大切ということではありません。

人物像としては、誠実な方が求められていると言えます。

 

助産師として働こうとする方ですので、
こどもが好きだという方が多いと思いますが、
ただこどもが好きということでは辛くなることもあります。

赤ちゃんの誕生というのは、嬉しいことばかりではありません。
そのような場面であっても、誠実にしっかりと
対応できる人というのが求められているんですね。

 

また、相手に対して優しい心を持った人が求められています
相手の立場に立って、時には相手のために叱る
ということも出来るような人が向いています。

出産間近の方は、不安も大きいですよね。
その一人ひとりと向き合い、命の誕生に対して
向き合っていける精神を持った人が求められています。

 

あとは、体力が必要ということです。
お産は夜の間ずっとかかってしまうということも珍しく無いんですね。
勤務時間以外の仕事というのも多くなります。

そのような長時間の立ち会いにも
耐えることが出来る体力というのは、不可欠になります。

 

 

助産師が身につけることが出来るスキル
ihunjgrfd

ihunjgrfd

助産師は、出産を控えている
妊婦さんのケアを行う役割を担っています。

求人状況としては、病院や診療所、
助産院からの求人というのが多くなっています。
また、資格を活かして助産院を開業する方もおられます。

 

助産師の場合には、看護師と似ている面もあるのですが、
看護師とは違った様々なスキルを身につけることが出来ます。

人間の出産に立ち会うということで、
出産中の女性をケアするというスキルが身につきます。

 

出産中の女性は大変デリケートですし、妊娠時期・分娩時期・産褥時期
などの各場面において必要となってくるケアも変わってきますよね。

また、生まれたばかりの新生児の成長を助ける
というスキルを身につけることが可能です。

 

新生児の場合、成人している人とは違って、
様々な面において健康に注意しなくてはなりません。

ですので、新生児に対しての高い知識が必要とされますので、
より専門性の高いスキルが身につきます。

 

さらに、産後の女性に対してのケアのスキルを身につけることも出来ます。
出産後の女性の場合、心身ともに消耗している状態となりますので、
適切なケアを行うことが必要となります。

 

 

ハードワークだからこそ休日は確保されています
eiurjndf

eiurjndf

助産院で働く助産師は、出産予定日に目安があっても、
いざ出産となると急に出勤しなくてはならないイメージがありますよね。

休日がスケジュール通りには取れないのではないか
と不安な方もおられるでしょう。

 

ですが、やりがいのある仕事となりますし、
出産の喜びに立ち会うことが出来る貴重な仕事です。

とはいえ、プライベートが確保しづらく、少人数のためハードワークとなり、
看護師以上につらいのではないかと考えてしまいますよね。

 

実際には、クリニックの中に分娩室があるという感じです。
看護師の仕事+出産のお手伝いというイメージの方が正しくなります。

休日も法定日数が確保されており、
申請することで好きな時に休むことが出来ますよ。

 

婦人科系の疾患をもった方や、乳幼児が多くいますので、
新生児だけに対応しているということではありません。

看護師と同様に、シフト制となっていることが多くなり、
夜勤のみの方などもいますよ。

 

看護師の仕事にプラスとなる技術ですし、
やりがいも大きいので挑戦してみることをオススメします。

助産院が休みで対応出来ない場合には、
緊急病院や当番医院が対応してくれますので、それほど心配は要りません。

ハードワークなだけに、休みをしっかり確保できるようになっていますよ。

 

 

助産師は休みをとる事が出来る?
nygty

nygty

休みのサイクルや日数などは、
勤務することになる助産院の運営サイクルによっても異なってきます。

一般的に、日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制か、
日勤・夜勤の2交代制の運営サイクルがあります。

 

3交代制の場合には、準夜勤と深夜勤が月に6日~8日程度となっており、
休日は夜勤の次の日ということになる場合が多いです。

夜勤明けの日に出勤することはほぼありませんので、
不規則になりがちな夜勤であっても、適度に身体を休めることが可能です。

 

ですが、連休などはありませんので、
まとまった休みが欲しい場合には、有休を使用することになります。

2交代制の場合には、勤務時間が3交代制の場合よりも長くなる代わりに、
勤務中に休憩時間があります。

また、1日目には日勤、2日目には夜勤、
3日目の夜勤明けから4日目にかけての休日となっている場合が多くあります。

 

一回の勤務時間は長く、夜勤と日勤の回数が同じになりますが、
まとまった休暇はとりやすく、
有休を使用すれば連休をとることも出来ますよ。

運営サイクルや休暇のタイミング、そして有休の日数などは、
勤務している助産院によって違ってきますので、
しっかりと確認しなくてはなりません。

 

また、助産師は出産が長引くと残業となり、
勤務時間が延長される場合もありますよ。