未経験の助産師は就職できない?!
fwiuehf

fwiuehf

助産師の仕事に就きたいと考え、助産師の資格を取得しても、
実際になかなかチャンスが無く、
看護師として働いているという方は実は多いんですね。

助産に関して現場経験が無いという資格所有者もいます。

 

小規模な産科病院や助産院では、経験者を求める傾向がありますが、
少子化が問題となっている今、
お産難民の増加が一因となっていると考えられています。

それを解消するため、大規模な病院では募集を増やしているんですね。
ですので、未経験でも可となっている募集も多く、
助産師の仕事に就けるチャンスは増えているとも言えるんです。

 

ですが、未経験といっても、この仕事では即戦力が求められます。
矛盾しているようにも思えますが、
先に看護師の資格を取得していますので看護技術の基礎はありますよね。

看護師経験のある方であれば、なおさらです。

 

それに、助産師の養成課程では、必ず出産の立ち会いというものが
規定実習として含まれていますので、
養成課程を経て国家試験に合格している方であれば、
現場を見たことがないという方はおられませんよね。

現場経験はないけれど、この仕事に就きたい!という方は、
転職エージェントに登録することで、
希望の条件に合った職場を効率よく探してもらうことが出来ますので、お勧めです。

 

今の仕事を続けながら探す事だって出来ますよ。

 

 

助産院での求人で確認すべきこととは
ytfuoi

ytfuoi

助産院での助産師の求人を探す際には、
必ず確認すべきことがあります。まず、給料についてです。

基本給はもちろんですが、各種手当がどのくらい付くのかによって
年収に大きな差が出てしまいますので、
他の助産院と比較してみることがオススメです。

 

休みに関しても、確認しておくべきことです。
この仕事の特徴としては、いつお産が始まるかわからないということがあります。

立て込んでいる場合などには、緊急の呼び出しが頻繁にあるなんてことでは、
休日をゆっくりと過ごすことが出来ませんよね。

 

そのようなことにならないようにするためにも、
しっかりと休みを確保できる体制がある助産院を選ばなくてはなりません。

有休や産前産後の休暇、育児休暇、慶弔休暇なども、
しっかりとることが出来るかどうかの確認は大切になります。

 

また、助産院で働く際には、福利厚生が整っているか
ということも大切になります。
様々な補助があるだけでも、かなり生活にゆとりが出来ますよね。

例えば、シングルマザーなど、自分が家族を養わなくてはならないという場合、
社宅などの住宅補助を行っているところであれば、
年収にも差が出てきますので確認しておくべきことです。

 

出産は夜間にはじまる場合が多くなり、助産師は長時間拘束されますので、
病院勤務の看護師よりも夜勤の体制というものを
しっかりと確認することが必要にもなりますよ。