助産師がさらに年収を増やす方法紹介
hnebfu

気になる平均収入は?

hnebfu
助産師は女性の妊娠から出産、
新生児のサポートまでを行う専門家です。

看護師と同様、多くの人に
貢献することになる仕事の一つです。

 

働ける場所としては、病院を始め、
助産院などで活躍することができます。

しかし、これから助産師に
なろうとしている人にとっては、
収入について気になるという人も多いかもしれません。

 

そこで、ズバリ年収に関して言えば、
看護師とそれほど大きく変わらない

ということが言えるでしょう。

まず、月の給料の平均としては、
25万円から35万円くらいが相場
となっています。

 

これは、経験を積むごとに
増えていくものと考えられます。

 
 
 

年代別の平均年収

さらに、夜勤をしている人は、
さらに手当てをもらうことができますから、
月の給料はより増えます。

また、調整手当や各種手当などが
病院や助産院から支給される場合もありますから、
月の給料が多少変わってきます。

 

総じて、年収に換算すると
およそ平均して500万円くらい

もらうことができると推測できます。

年齢別で言えば20代前半であれば、400万円台、
40代になれば600円から700万円ほど

収入が見込めます。

 

また、中には独立して開業する人もいますから、
そのような場合は、通常の収入を
はるかに上回る収入になる可能性があります。

 
 
 

独立開業した方が年収が多い?

jendig
助産院で働く助産師には独立して開業した人と
そこで働く労働者と2種類があります。

独立開業しているほうが年収は高いといえますが、
そこで働く労働者のほうも
給料が低いとは一概に言えません。

 

お産は24時間まったなしの世界ですし、
おおよその出産日の目安がつくとはいえ、
やはり予定を立てて動けるものではありません。

常に緊張感を強いられることになりますし、
自分のプライベートにも介入してくることになります。

 

助産院でも日中のみの勤務で
休みの日は地域の緊急センターや救急病院が
担当してくれるという働き方ができるのであれば、
プライベートも確保しやすいといえます。

 
 
 

自分の能力を認識しておく

しかし実際には緊急手術になったり、
医師を呼んだりしなければならない
不足の事態に備えています。

仕事から完全に解放された気分になれるときは
少ないと言えます。

 

日中勤務が多い場合には
夜勤や残業手当がつかなくなりますので、
年収にも差が出てくることになります。

助産師の場合には資格手当が支給されることが多いため、
通常よりも給料が高めであることが多いです。

 

しかし、やはりハードワークの象徴、
夜勤や残業、休日手当などが
大きく影響する
ことも間違いありません。

体力や精神力を要求される仕事ですので、
自分ができる範囲がどのくらいかを
きちんと把握しておくことが必要
になります。