助産院の良い求人を見つける方法とは?

header
 
caution
助産院の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が いい求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、助産院の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、助産院の求人を探す助産師・看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは助産院の求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

看護師だけでなく、全国のいい助産師向けの求人も集まる人気の転職サイトです。「助産院で働きたい!」「助産院の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

助産院のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 助産院の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「助産院の非公開求人」 が揃っています。

 

看護師だけでなく助産師の求人も「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」といった求人があり、そんな良い求人を見つけたい人はナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 助産院の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して助産師や看護師の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 助産院求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つ以上の転職サイトに登録しても問題ありません

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと 助産院のいい求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは助産院の求人は2つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに3つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計5つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 


出産を介助することが出来る助産師は、看護師の上位職としてもとても人気がある職ですよね。ですが、助産師は看護師と比べて、より勤務が不規則となりがちです。勤務自体は、基本的に2交代勤務から3交代勤務となることが多く、看護師の2交代・3交代勤務とほぼ同じような内容です。シフト勤務で、連休が取りづらいという特徴もありますよ。
まとまった休日が欲しいという場合には、有給休暇を利用して休む必要が出てきます。3交代勤務の場合には、夜勤明けの翌日は休みとなる事が多く、月に6~8日程度の夜勤や準夜勤があるということが多くなっています。
最近では、夜勤専従の助産師を配置しているという産婦人科や、助産施設なども増えてきました。これは、勤務の不規則さを改善しようとする動きなんですね。とはいえ、助産師という仕事では、どうしても出産する妊婦さんの都合に合わせて、勤務時間が変わってしまうことが多くなります。例えば、お産が長引くとその妊婦さんを担当する助産師も、「帰ります」と退勤することは難しいですよね。
助産師の勤務時間は、お産に合わせて流動的になりやすく、残業がある場合もとても多いんです。お産はどうしてもスケジュール通りに進むというわけではありませんので、どうしても不規則な勤務となってしまうんですね。


助産師は産婦人科医院で働く以外にも、助産院で働く事が出来ます。助産院はその規模によっては、少人数で働くことになるんですね。ですので、助産院で分娩を望む妊婦さんがお産を控えている際には、どうしてもお産に備えて予定日が近づくと気が休まらない・・・という事もあります。お産は24時間いつ始まるのかわかりませんので、深夜に産気づいて緊急出勤となることもありますよ。
小規模の助産院の場合、妊婦さんの状態によっては自分のスケジュールが立てづらくなります。病院に勤務している看護師以上に、ハードな仕事となる場合もあるんですよ。
ただ、助産院の場合には、診察が出来る人数もある程度は限られます。そのため、対応することが出来る人数以上の妊婦さんを制限することが出来ますよね。助産院で働く助産師は、出産がないときにしっかりと休日を確保し、法律に定められている休日数を取得することが出来ます。規模が大きい助産院の場合、お互いに融通を利かせ合って対応することも可能ですよね。
助産院では基本的に、提携している産婦人科医院や緊急病院があります。どうしても助産院で対応することが出来ない場合、病院に対応を行ってもらう事ができるんですね。しっかり仕事をするためには、やはり休日に身体を休めておくことが大切になります。そのため、休日をしっかりととる事が出来る様になっていることが多いんですよ。


助産院で働こうと考えている場合には、就業条件をしっかりと確認する必要があります。助産院の規模や助産院の考え方によっては、自分が思っていたような勤務体制ではなかったという場合や、自分が希望する働き方ではなかったという場合もありますよね。そうなると、後悔してしまうことになります。まず一番初めに確認しておきたいことは、やはり給料です。基本給はどの程度もらえるのか、各種手当はどのようなものが支給されるのかという部分は、しっかりと確認しておきたいところです。
月収が多くても、基本給が少ないとなると、ボーナスが少なくなり年収も低くなりますよ。ですので、しっかりと確認してくださいね。また、休日の呼び出しの対応はどの程度あるのかという点も大切です。助産師の仕事は、どうしても自分の都合よりも、妊婦さんのお産の都合を優先させなくてはなりません。複数の助産師が勤務していて、緊急の呼び出しがあまり無いという助産院であれば、休日はしっかりと休む事が出来ますよね。また、有休をはじめ、様々な休暇制度がしっかりとしているかも、確認しておきたい点です。
看護師の職場は、比較的福利厚生が整っているところが多くなっています。ですが、規模の小さい助産院の場合、福利厚生の面までは対応できていないというところもあるんですね。福利厚生があるのとないのとでは、働くモチベーションも変わってきますよね。ですので、働く助産院を選ぶ場合には、福利厚生もしっかりと確認しておくことをおすすめします。
また、夜勤の対応はどのようになっているのかという部分も気になるところです。最近では夜勤専従の看護師を雇用している助産院もありますよ。どの程度、夜勤に対応する必要があるのかという事は、しっかり確認してくださいね。


助産師が活躍することが出来る職場というのは、様々な場所がありますよね。まず、産婦人科の病院や診療所、それに助産院といった施設は、助産師が多く働いている場所でもあります。助産師としてある程度経験を積む事で、自分が理想としているお産の形を実現するため、助産院を自ら開院するという人もいます。助産師は独立開業を行うことが出来る仕事です。
ですので、それを働き方の一つとして考えていく事も出来ます。また、助産師は公的な施設でも活躍していますよ。主に出産を控える妊婦さんのケアを行う仕事となりますが、出産以外にも助産師が携わることが出来る仕事というのは多く存在しているんですね。
助産師として活躍することになれば、どのようなスキルが身につくのでしょうか。まずは、女性の妊娠・分娩・産褥といったような出産に関するシーンで、ケアを行っていく事が大切になります。そのような場面において、適切に対応していくスキルというものが身につくんですよ。さらに、出産後には新生児のケアを行う事になりますので、新生児ケアのスキルも身につきますよ。
産後の女性のケアを行うというスキルも、助産師ならではのものです。出産後の女性は、精神的にも肉体的にも、かなり消耗が激しくなっている状態です。ですので、助産師の適切なケアというのは、とても大切になるんですね。

 
助産院の仕事がしたい!

→ 1番おすすめの助産院 転職サイトを見る

 

助産師の仕事は経験の積み重ねが大切
eiuhrf

eiuhrf

助産師は経験を積めば積むほど、
どのような状況であっても冷静に対応することが出来る様になります

助産院で未経験者を雇用することもあるのですが、
全くの素人を採用することはありません。

 

医療の現場を熟知している人で、赤ちゃんが生まれるという瞬間に
立ち会うことが未経験であるというだけです。

専門的なことは、一通り病院などで経験しているという人を採用しますので、
注射や尿検査といった一般的な看護師の仕事は出来ますので、問題ありません。

 

初めのうちは、ベテランの助産師のヘルプとして仕事していくことになりますので、
ほぼ看護師の役割を担うことがメインとなります。

残念ながら、流産してしまうということもありますので、
そのような際のショックや妊婦さんの悲しみなど、
初体験となることでは衝撃的な事も多くなります

 

ですが、病院側の人間が動揺してしまっては意味がありませんよね。

マニュアルなどに対処法などが記載されていても、
いざとなったら頭が真っ白になってしまうこともありますよね。

 

人間は失敗して学びます。初めは衝撃的な状況を経験するかもしれません。

ですが、「次からはこうしよう」「こんな声かけをしよう」というように、
お母さんのケアをしていけるように現場で学んでいくことが大切なんですね。

 

 

未経験の助産師は就職できない?!
fwiuehf

fwiuehf

助産師の仕事に就きたいと考え、助産師の資格を取得しても、
実際になかなかチャンスが無く、
看護師として働いているという方は実は多いんですね。

助産に関して現場経験が無いという資格所有者もいます。

 

小規模な産科病院や助産院では、経験者を求める傾向がありますが、
少子化が問題となっている今、
お産難民の増加が一因となっていると考えられています。

それを解消するため、大規模な病院では募集を増やしているんですね。
ですので、未経験でも可となっている募集も多く、
助産師の仕事に就けるチャンスは増えているとも言えるんです。

 

ですが、未経験といっても、この仕事では即戦力が求められます。
矛盾しているようにも思えますが、
先に看護師の資格を取得していますので看護技術の基礎はありますよね。

看護師経験のある方であれば、なおさらです。

 

それに、助産師の養成課程では、必ず出産の立ち会いというものが
規定実習として含まれていますので、
養成課程を経て国家試験に合格している方であれば、
現場を見たことがないという方はおられませんよね。

現場経験はないけれど、この仕事に就きたい!という方は、
転職エージェントに登録することで、
希望の条件に合った職場を効率よく探してもらうことが出来ますので、お勧めです。

 

今の仕事を続けながら探す事だって出来ますよ。

 

 

助産師に求められること
weujtif

weujtif

助産院で働く助産師は、免許がなくてはなることが出来ません。
ある程度経験している人を募集しているところが多くなっています。
ですが、経験だけが大切ということではありません。

人物像としては、誠実な方が求められていると言えます。

 

助産師として働こうとする方ですので、
こどもが好きだという方が多いと思いますが、
ただこどもが好きということでは辛くなることもあります。

赤ちゃんの誕生というのは、嬉しいことばかりではありません。
そのような場面であっても、誠実にしっかりと
対応できる人というのが求められているんですね。

 

また、相手に対して優しい心を持った人が求められています
相手の立場に立って、時には相手のために叱る
ということも出来るような人が向いています。

出産間近の方は、不安も大きいですよね。
その一人ひとりと向き合い、命の誕生に対して
向き合っていける精神を持った人が求められています。

 

あとは、体力が必要ということです。
お産は夜の間ずっとかかってしまうということも珍しく無いんですね。
勤務時間以外の仕事というのも多くなります。

そのような長時間の立ち会いにも
耐えることが出来る体力というのは、不可欠になります。

 

 

夜勤・仕事内容・託児所などは重要です!
ieshf

ieshf

助産師は女性の出産のケアを行うスペシャリストです。
産婦人科医師の減少に伴い、重要視される可能性が高い資格でもあります。
助産師の募集を行っているところは、病院、診療所、助産院などがありますよ。

ただ、働く上での条件などは、募集を行っている職場について
異なってきますので、注意が必要です。

 

まず、求人情報において確認しておきたいことは、
夜勤があるのかないのかという事です。

これは、病棟勤務の看護師と似ている部分ですが、
夜勤手当があるのか無いのかで、収入に大きな違いが出てしまうんですね。

 

家族の事情などによって夜勤が難しいという場合には、
夜勤が無いところで働く事も大切です。

そして、託児所があるかどうかについても、
確認しておく必要があります。

 

これは、育児中の看護師にとっては、不可欠な条件でもありますよね。
また、仕事内容を確認するということも大切です。

職場によって仕事内容が異なりますので、
専門性の高いスキルを身につけたいという場合には、
行う仕事内容も専門性の高いものである必要があります。

中には、雑用などしか行えないという場合もありますので、注意してくださいね。

 

 

助産師が身につけることが出来るスキル
ihunjgrfd

ihunjgrfd

助産師は、出産を控えている
妊婦さんのケアを行う役割を担っています。

求人状況としては、病院や診療所、
助産院からの求人というのが多くなっています。
また、資格を活かして助産院を開業する方もおられます。

 

助産師の場合には、看護師と似ている面もあるのですが、
看護師とは違った様々なスキルを身につけることが出来ます。

人間の出産に立ち会うということで、
出産中の女性をケアするというスキルが身につきます。

 

出産中の女性は大変デリケートですし、妊娠時期・分娩時期・産褥時期
などの各場面において必要となってくるケアも変わってきますよね。

また、生まれたばかりの新生児の成長を助ける
というスキルを身につけることが可能です。

 

新生児の場合、成人している人とは違って、
様々な面において健康に注意しなくてはなりません。

ですので、新生児に対しての高い知識が必要とされますので、
より専門性の高いスキルが身につきます。

 

さらに、産後の女性に対してのケアのスキルを身につけることも出来ます。
出産後の女性の場合、心身ともに消耗している状態となりますので、
適切なケアを行うことが必要となります。

 

 

助産院での求人で確認すべきこととは
ytfuoi

ytfuoi

助産院での助産師の求人を探す際には、
必ず確認すべきことがあります。まず、給料についてです。

基本給はもちろんですが、各種手当がどのくらい付くのかによって
年収に大きな差が出てしまいますので、
他の助産院と比較してみることがオススメです。

 

休みに関しても、確認しておくべきことです。
この仕事の特徴としては、いつお産が始まるかわからないということがあります。

立て込んでいる場合などには、緊急の呼び出しが頻繁にあるなんてことでは、
休日をゆっくりと過ごすことが出来ませんよね。

 

そのようなことにならないようにするためにも、
しっかりと休みを確保できる体制がある助産院を選ばなくてはなりません。

有休や産前産後の休暇、育児休暇、慶弔休暇なども、
しっかりとることが出来るかどうかの確認は大切になります。

 

また、助産院で働く際には、福利厚生が整っているか
ということも大切になります。
様々な補助があるだけでも、かなり生活にゆとりが出来ますよね。

例えば、シングルマザーなど、自分が家族を養わなくてはならないという場合、
社宅などの住宅補助を行っているところであれば、
年収にも差が出てきますので確認しておくべきことです。

 

出産は夜間にはじまる場合が多くなり、助産師は長時間拘束されますので、
病院勤務の看護師よりも夜勤の体制というものを
しっかりと確認することが必要にもなりますよ。

 

 

ハードワークだからこそ休日は確保されています
eiurjndf

eiurjndf

助産院で働く助産師は、出産予定日に目安があっても、
いざ出産となると急に出勤しなくてはならないイメージがありますよね。

休日がスケジュール通りには取れないのではないか
と不安な方もおられるでしょう。

 

ですが、やりがいのある仕事となりますし、
出産の喜びに立ち会うことが出来る貴重な仕事です。

とはいえ、プライベートが確保しづらく、少人数のためハードワークとなり、
看護師以上につらいのではないかと考えてしまいますよね。

 

実際には、クリニックの中に分娩室があるという感じです。
看護師の仕事+出産のお手伝いというイメージの方が正しくなります。

休日も法定日数が確保されており、
申請することで好きな時に休むことが出来ますよ。

 

婦人科系の疾患をもった方や、乳幼児が多くいますので、
新生児だけに対応しているということではありません。

看護師と同様に、シフト制となっていることが多くなり、
夜勤のみの方などもいますよ。

 

看護師の仕事にプラスとなる技術ですし、
やりがいも大きいので挑戦してみることをオススメします。

助産院が休みで対応出来ない場合には、
緊急病院や当番医院が対応してくれますので、それほど心配は要りません。

ハードワークなだけに、休みをしっかり確保できるようになっていますよ。

 

 

助産師は休みをとる事が出来る?
nygty

nygty

休みのサイクルや日数などは、
勤務することになる助産院の運営サイクルによっても異なってきます。

一般的に、日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制か、
日勤・夜勤の2交代制の運営サイクルがあります。

 

3交代制の場合には、準夜勤と深夜勤が月に6日~8日程度となっており、
休日は夜勤の次の日ということになる場合が多いです。

夜勤明けの日に出勤することはほぼありませんので、
不規則になりがちな夜勤であっても、適度に身体を休めることが可能です。

 

ですが、連休などはありませんので、
まとまった休みが欲しい場合には、有休を使用することになります。

2交代制の場合には、勤務時間が3交代制の場合よりも長くなる代わりに、
勤務中に休憩時間があります。

また、1日目には日勤、2日目には夜勤、
3日目の夜勤明けから4日目にかけての休日となっている場合が多くあります。

 

一回の勤務時間は長く、夜勤と日勤の回数が同じになりますが、
まとまった休暇はとりやすく、
有休を使用すれば連休をとることも出来ますよ。

運営サイクルや休暇のタイミング、そして有休の日数などは、
勤務している助産院によって違ってきますので、
しっかりと確認しなくてはなりません。

 

また、助産師は出産が長引くと残業となり、
勤務時間が延長される場合もありますよ。

 

 

助産師がさらに年収を増やす方法紹介
hnebfu

気になる平均収入は?

hnebfu
助産師は女性の妊娠から出産、
新生児のサポートまでを行う専門家です。

看護師と同様、多くの人に
貢献することになる仕事の一つです。

 

働ける場所としては、病院を始め、
助産院などで活躍することができます。

しかし、これから助産師に
なろうとしている人にとっては、
収入について気になるという人も多いかもしれません。

 

そこで、ズバリ年収に関して言えば、
看護師とそれほど大きく変わらない

ということが言えるでしょう。

まず、月の給料の平均としては、
25万円から35万円くらいが相場
となっています。

 

これは、経験を積むごとに
増えていくものと考えられます。

 
 
 

年代別の平均年収

さらに、夜勤をしている人は、
さらに手当てをもらうことができますから、
月の給料はより増えます。

また、調整手当や各種手当などが
病院や助産院から支給される場合もありますから、
月の給料が多少変わってきます。

 

総じて、年収に換算すると
およそ平均して500万円くらい

もらうことができると推測できます。

年齢別で言えば20代前半であれば、400万円台、
40代になれば600円から700万円ほど

収入が見込めます。

 

また、中には独立して開業する人もいますから、
そのような場合は、通常の収入を
はるかに上回る収入になる可能性があります。

 
 
 

独立開業した方が年収が多い?

jendig
助産院で働く助産師には独立して開業した人と
そこで働く労働者と2種類があります。

独立開業しているほうが年収は高いといえますが、
そこで働く労働者のほうも
給料が低いとは一概に言えません。

 

お産は24時間まったなしの世界ですし、
おおよその出産日の目安がつくとはいえ、
やはり予定を立てて動けるものではありません。

常に緊張感を強いられることになりますし、
自分のプライベートにも介入してくることになります。

 

助産院でも日中のみの勤務で
休みの日は地域の緊急センターや救急病院が
担当してくれるという働き方ができるのであれば、
プライベートも確保しやすいといえます。

 
 
 

自分の能力を認識しておく

しかし実際には緊急手術になったり、
医師を呼んだりしなければならない
不足の事態に備えています。

仕事から完全に解放された気分になれるときは
少ないと言えます。

 

日中勤務が多い場合には
夜勤や残業手当がつかなくなりますので、
年収にも差が出てくることになります。

助産師の場合には資格手当が支給されることが多いため、
通常よりも給料が高めであることが多いです。

 

しかし、やはりハードワークの象徴、
夜勤や残業、休日手当などが
大きく影響する
ことも間違いありません。

体力や精神力を要求される仕事ですので、
自分ができる範囲がどのくらいかを
きちんと把握しておくことが必要
になります。